HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > 自由なサイズのディスプレイケースをオーダー

自由なサイズのディスプレイケースをオーダー

オーダーメイドするならアクリルがオススメ

オーダーメイドするならアクリルがオススメ
商品を販売する際は、お客様にその商品の魅力が伝わるようにディスプレイすることが大切です。
一般的なディスプレイ方法は、ケースを使うことでしょう。
ケースにも様々な形やサイズがあります。
商品のサイズにぴったりなディスプレイケースを使いたいものですが、市販のケースはあらかじめ決まっているサイズの種類から選ばなければなりません。
そのため、大きすぎたり、高さが足りなかったりなど、ぴったりなディスプレイケースがなかなか見つけることができないはずです。
そのような場合は、オーダーメイドをしてみてはいかがでしょうか。
ガラスや木、金属など様々な種類のディスプレイケースがありますが、オーダーメイドで作るのであればアクリルがオススメです。

希望通りの形やサイズにオーダーしよう

希望通りの形やサイズにオーダーしよう
アクリルは加工性に優れているため、希望通りの形やサイズにオーダーメイドすることができます。
切断や穴を開けることはもちろん、曲げることや貼り合わせることも可能です。
アクリルのような自由度の高い素材を選ぶことで、商品にぴったりなディスプレイケースを作ることができるでしょう。
アクリルは加工性だけでなく、耐候性にも優れています。
そのため、屋外でディスプレイする際にも適しています。
屋外で使用しても透明度が落ちることや、強度がなくなるといった心配はありません。
太陽光や風、雨、雪にも耐候性を発揮するため、屋外用のディスプレイケースもオーダーメイドしてみてください。
使い方や条件によって異なりますが、10〜20年は使用できます。
また、割れにくい性質もあるため、ガラスの破片が飛び散るようにアクリルの破片が大きく飛散することがありません。
しかし、注意しなければならないことは、熱にあてることです。
木材と同様の燃焼性があるため、引火性の問題はありませんが炎や高い温度に近づけると燃えたり、溶けたりします。
一般的な使用温度はマイナス40度から65度です。
アクリルのディスプレイケースを使用する場合は、高温の場所を避けてください。
アクリルのディスプレイケースをオーダーメイドしてみてはいかがでしょうか。


一覧に戻る»