HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > コンビニで活用されるアクリルディスプレイとは

コンビニで活用されるアクリルディスプレイとは

コンビニのディスプレイに欠かせないアクリル

コンビニのディスプレイに欠かせないアクリル
コンビニのディスプレイは、少ない空間にいかに多くのアイテム数を見せるかがカギになるでしょう。
これがイメージにもつながっていくことになり、商品の訴求にもなります。
商品デザインも訴求して手に取りやすくすることを考えた場合、アクリルディスプレイの活用は高い効果を発揮できるでしょう。
アクリルは、透明感が重要なポイントになってきます。
強度も高く、加工性もいいことから、さまざまなかたちの重機が作られるようになりました。
デザイン性も高いため、コンビニでは数多く活用されてきています。
商品イメージを伝えやすいだけではなく、商品ごとの間仕切りが可能です。
アイテム数の多いコンビニでは、こまめに分割できるところは大きなメリットになってくるでしょう。
店内デザインに関しても、とても広く活用できることから、アクリルの活用なくして先には進めないといっても過言ではありません。

安全性の高さもポイント

安全性の高さもポイント
コンビニでアクリルディスプレイが活用されるのは、重量が軽いというところもあるでしょう。
数多くのアイテムを陳列することになりますが、棚には限界もあります。
その中で、アクリルは軽量で間仕切りもできることから、デザイン性を高めるために棚の上部に設置することも可能です。
軽量なことから重心を必要以上に高くしないため、トップヘビーを防ぎ、地震が起きた時の揺れ対策にもつながっていくため、安全性の確保として有効な手段となっていきます。
強度の高さも重要なポイントになるでしょう。
ガラスではどうしても破損の危険性があります。
さまざまな客層が訪れるコンビニでは、小さな子供などによる破損という危険性も出てきますが、アクリルは強度が高い上にガラスのように割れてしまうリスクは低いため、安全な方法となるでしょう。
加工性の高さから、商品に対するデザイン性も高いことを考えると、ディスプレイとして考えた時に、活用しない手はないといえます。


一覧に戻る»