HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > アクリルディスプレイでひな人形を飾ろう

アクリルディスプレイでひな人形を飾ろう

ひな人形のディスプレイについて

ひな人形のディスプレイについて
3月はひな人形を飾る季節ですが、店舗でもひな人形の販売や、ディスプレイすることが増えるでしょう。
多くの人にひな人形を購入してもらうためには、飾り方が重要です。
通常、ひな人形はケースに入れて飾ることが多いです。
ケースに入れてディスプレイすると、埃や汚れからひな人形を守ることができます。
ケースが汚れたときも拭くだけ綺麗になるため、管理もしやすいです。
高品質なひな人形も、長期間ディスプレイしていると劣化は避けられません。
ケースに入れておくと、比較的色落ちも少なく、綺麗な状態で飾ることができるでしょう。
また、ひな人形そのもののお手入れをする回数が減るため、傷みにくいといったメリットもあります。
ケースごとディスプレイすることができ、台の用意も必要ありません。
狭いスペースでも置き場だけを考えるだけです。
ひな人形の季節が終わったあとなど、店舗で販売をしない時期には商品の入れ替えなどを行いますが、ケース内でしっかりと固定されていれば移動も簡単にできるでしょう。
ひな人形をケースに入れてディスプレイしてみてはいかがでしょうか。

ディスプレイケースの種類

ディスプレイケースの種類
ひな人形をディスプレイするケースには、様々な種類があります。
定番はガラス製ではないでしょうか。
透明度が高く、傷に強いといった特徴があります。
しかし、ガラスは割れると非常に危険です。
子どもがディスプレイされているひな人形を触ったり、誤ってぶつかってしまったりしたとき怪我の危険性があります。
また、重さもあるため取り扱いには注意しなければなりません。
おすすめは、アクリルケースです。
アクリルケースはガラスよりも軽くて割れにくいというメリットがあります。
ガラスとは異なり、曲線を強調したデザインができるため、様々な飾り方ができるのです。
持ち運びも楽にできます。
アクリルケースはケースの中でも新しくできたばかりであるため、種類が少ないのが難点です。
店舗にぴったりのアクリルケースがない場合は、オーダーメイドしてみてはいかがでしょうか。
店舗のスペースやひな人形に合わせてつくることができます。


一覧に戻る»