HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > アクリルディスプレイでアイスクリームをおいしそうに展示しよう

アクリルディスプレイでアイスクリームをおいしそうに展示しよう

アイスクリームの販売はアクリルディスプレイを活用しよう

アイスクリームの販売はアクリルディスプレイを活用しよう
アイスクリームを販売するときは、衛生面でもしっかり管理しなければなりません。
子供から大人まで幅広い年齢層がアイスクリームを買いにきます。
そのため、ディスプレイケースにはインフルエンザなどウィルス対策も必要です。
おすすめは、カバー付きのアクリルディスプレイケースです。
様々なディスプレイケースがありますが、ガラスよりもアクリルの方が優れている点が多いです。
カバーがついているアクリルディスプレイケースは埃やゴミなどを遮断することができます。
アクリルは加工がしやすいというメリットがあります。
引き違いの扉、後部引き違いの扉など店員が使いやすいように加工することが可能です。
扉がついていると、衛生面を保護しつつ簡単にアイスクリームを出し入れできるでしょう。
また、アクリルはガラスよりも割れにくく、ガラスが飛び散る心配がありません。
ディスプレイケースの上に物を落下させてしまった場合も、割れずにアイスクリームを守ることができるはずです。
埃や汚れが付着した場合は、布で優しく拭いてあげると綺麗になります。
お手入れも簡単です。
また、形状も店舗の置き場所や用途に合わせて加工できます。
アイスクリームの販売を検討している人は、アクリルのディスプレイケースを活用してみてはいかがでしょうか。

アイスクリーム置きも便利

アイスクリーム置きも便利
アクリルは透明度に優れているため、中に入っているアイスクリームが見えやすく、お客様の購買意欲も高めることができるでしょう。
また、耐候性もあるため屋外での販売にも適しています。
ディスプレイケースだけでなく、アクリルのアイスクリーム置きも便利です。
メニュー代わりにもなり、お客様にもわかりやすいというメリットがあります。
アイスクリームをスクープする間に、コーンを置いておくことも可能です。
機能性だけでなく、アクリルの透明度がシンプルながらもスタイリッシュさを演出させることができます。
店舗の置き場所にぴったりなアクリルディスプレイケースやアイスクリーム置きが見つからない場合はオーダーメイドしてみてはいかがでしょうか。


一覧に戻る»