HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > 大切な記念日をアクリル彫刻で思い出に残そう

大切な記念日をアクリル彫刻で思い出に残そう

アクリルを使ったオーナメント

アクリルを使ったオーナメント
記念日にギフトを贈る人も少なくありません。
例えば、記念日を彫刻したオーナメントです。
アクリルは透明度が高く、オーナメントにぴったりな素材と言えるでしょう。
ライトが当たる場所にディスプレイすると、キラキラと美しく輝きます。
アクリルのオーナメントは記念日のギフト以外にも、表彰トロフィーや、ショップのディスプレイ、結婚式のウェルカムボードとしてディスプレイすることもできるはずです。
加工もしやすく、文字やイラストを彫刻したり、複雑な形にも加工しやすいです。
記念日のオリジナルギフトを制作する業者は、アクリルのオーナメントをつくってみてはいかがでしょうか。
様々なお客様のニーズに応えることができるギフトを制作することができるはずです。

アクリルの特性を理解しよう

アクリルの特性を理解しよう
アクリルの中には、ガラスエッジというガラスの色を再現したものや、色ガラスのような質感のアクリルがあります。
色はピンク、ブルー、蛍光色など多彩です。
これらのアクリルをうまく使うと、オーナメントのデザインの幅も広がります。
ガラス素材で、オーナメントをつくっている業者もいるのではないでしょうか。
アクリルと同じように透明度が高いといった特徴がありますが、ガラスは変形がしにくいため、アクリルのように切り文字にするような加工が難しいです。
また、ガラスよりも軽量です。
非常に軽いため女性でも持ちやすい上に、万が一、落としてしまっても割れる可能性が少ないです。
割れることもありますが、ガラスのように破片が飛散することもありません。
そのため、ガラスを使わずにアクリルの板やケースを使って店内のディスプレイをする店舗も数多くあります。
ガラスの良さもありますが、アクリルを使ったオーナメントの作成も検討してみるといいかもしれません。
しかし、注意しなければいけないことがあります。
それは、静電気を帯びやすいことです。
そのため、文字を彫刻した部分に埃がつきやすくなります。
傷がついてしまった部分にもゴミや誇りが入りやすくなるでしょう。
アクリルにもメリット、デメリットがあるため、特性を理解した上でオーナメントを作ることが大切です。


一覧に戻る»