HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > アクリルディスプレイでイヤフォンをかっこよく展示

アクリルディスプレイでイヤフォンをかっこよく展示

有線タイプのイヤフォンとワイヤレスイヤフォン

有線タイプのイヤフォンとワイヤレスイヤフォン
スマホの普及とともに、市場が大きく拡大したイヤフォン市場は、徐々に縮小傾向にありますが、売れ筋製品の傾向は、これまでより大きく変化してきています。
以前は、イヤフォンやヘッドホンが人気でしたが、最近ではワイヤレスイヤフォンが注目されているのです。
その理由として、イヤフォン端子を廃止したiPhone7が発売されたため、ワイヤレスイヤフォンが人気になりました。
しかし、有線タイプのイヤフォンやヘッドホンは、市場から消えることはないとされています。
ワイヤレスイヤフォンに使用するBluetoothにも一長一短があるからです。
Bluetoothは2.4GHz帯の電波を使用しますが、それ以外の周波数帯は使えません。
そのため、スマホで一度に複数のBluetooth搭載機器は使用できないのです。
完全にワイヤレスイヤフォンは両サイドに独立しているため、同時に両方のデータが送信されているというイメージがありますが、実際には片方のイヤフォンに送られてからもう片方に転送されています。
有線タイプのイヤフォン、ワイヤレスイヤフォンにしても店舗で販売する際にこだわらなければならないのは、ディスプレイ方法です。
イヤフォンをかっこよくディスプレイする方法を知っておきましょう。

イヤフォンをアクリルディスプレイで展示しよう

イヤフォンをアクリルディスプレイで展示しよう
イヤフォンをディスプレイする方法は様々ですが、おすすめはアクリル製のディスプレイを使用することです。
アクリル製のメリットは、透明度に優れているため高級なイメージを与えることができることでしょう。
イヤフォンそのものの音質はもちろん大切ですが、中には見た目を重視して選ぶ人も少なくありません。
購入する前は実際にイヤフォンを試して音質を確認してから購入することができないため、見た目で選ぶ人が多いのです。
アクリルディスプレイでかっこよくディスプレイすると売り上げが伸びるかもしれません。
有線タイプのイヤフォンディスプレイスタンドは販売していますが、ワイヤレスイヤフォンのディスプレイスタンドはなかなか販売していません。
ワイヤレスイヤフォンのディスプレイスタンドが欲しい場合は、オーダーメイドしてみてはいかがでしょうか。
エムプラチックではイヤフォン用のアクリルディスプレイを製作することが可能です。
有線タイプ、ワイヤレスタイプどちらも商品に合わせて製作することができます。


一覧に戻る»