HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > 帽子をアクリルディスプレイで飾ろう

帽子をアクリルディスプレイで飾ろう

帽子を大切にディスプレイしよう

帽子を大切にディスプレイしよう
帽子はバッグや靴と同様に、コーディネートの雰囲気を変える大切なファッションアイテムです。
店舗で帽子を販売する際に、ディスプレイ方法に悩んでいる企業やショップもあるのではないでしょうか。
店舗販売では商品の見せ方や感じ方に工夫をすることで、お客様に気持ちの良い買い物をしてもらうことができます。
また、帽子の品質を保つために、ディスプレイ方法に注意しなければなりません。
帽子はデリケートであるため、太陽が当たる場所や湿気の多い場所で長くディスプレイすると変色や型崩れの原因になります。
変色したり型崩れしたりした商品は店舗で販売することができません。
品質の良い状態でお客様に販売できるように、ディスプレイしましょう。

おすすめはアクリルスタンド

おすすめはアクリルスタンド
型崩れしないようにディスプレイする方法は、スタンドを使用することです。
帽子をディスプレイするためのスタンドには様々な種類がありますが、アクリルがおすすめです。
アクリルスタンドの特徴の一つに、加工のしやすさが挙げられます。
帽子は一つ一つ形が異なるため、形に合うスタンドを使ってディスプレイしなければ型崩れしてしまうのです。
アクリルであれば、削ったり切ったり、曲げたりすることができるため、それぞれの帽子にぴったりなディスプレイスタンドをつくることができます。
強度もあるため、お客様が帽子を手に取った時に誤ってスタンドを落としたり、倒したりしてしまっても問題ありません。
万が一、破損することがあってもガラスのように破片が飛び散ることもありません。
棚の上に無造作に帽子をディスプレイして、お客様が手に取りやすいように工夫をしている店鋪もあるでしょう。
手には取りやすいですが、商品が見えにくいと言ったデメリットがあります。
アクリルスタンドを活用してディスプレイすると、一つ一つがしっかりと見えます。
販売する商品にぴったりのアクリルスタンドをつくってみてはいかがでしょうか。
軽量であるため、内装を変更する際にも簡単に位置を変更することができます。
お客様にとっても、店鋪で働く従業員にとってもメリットがあるディスプレイスタンドと言えるでしょう。


一覧に戻る»