HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > アクリルディスプレイでテラリウムの世界を作り出す

アクリルディスプレイでテラリウムの世界を作り出す

テラリウムとは?

テラリウムとは?
最近、テラリウムが話題を集めています。
テラリウムとは、透明の瓶の中に多肉植物やエアプランツ、フェイク素材をいれて飾るアートです。
身近にあるもので簡単につくれるため、人気があるインテリアです。
テラリウムを販売している雑貨屋さんや、テラリウム専用の瓶を販売している店舗も増えてきました。
ガラスの瓶をテラリウムの入れ物として使用する場合が多いですが、アクリルケースもおすすめです。
ガラスの瓶は誤って落としてしまったとき、割れてしまいます。
ガラスの破片が飛び散る恐れもあるため、お客様に怪我をさせてしまう危険性があるのです。
また、ガラスは重量があり、テラリウムを購入した人が持ち帰るのが大変だと感じると、また次回と購入をためらってしまいます。
アクリルケースは、軽くて割れにくいのが最大のメリットです。
落下した際にも割れる心配がなく、持ち運びも簡単であるため、お客様に喜んでもらえるでしょう。
テラリウムの販売を検討している店舗は、アクリルケースを検討してみてはいかがでしょうか。

テラリウム用のアクリルケースを選ぶポイント

テラリウム用のアクリルケースを選ぶポイント
テラリウム用のアクリルケースを選ぶ際のポイントは、口径がある程度広いものがおすすめです。
口径が狭い方が、蓋を開けている場合であっても内部の湿度が維持されるため、育環境に向いています。
しかし、口径の狭いものはテラリウムをつくるのも、メンテナンスをするのも大変です。
そのため、初めての人でも扱いやすい口径の広いものを選ぶと良いでしょう。
厚みは薄いものがおすすめです。
牛乳瓶のように厚みのあるガラスは、外気と内部の温度差が生じやすいため、結露が発生しやすくなります。
アクリルケースもできるだけ厚みの薄いものを選んでください。
アクリルケースは加工がしやすいといった特徴もあるため、様々な種類のテラリウムを販売することができます。
季節や植物に合わせて、デザインを考えてみてはいかがでしょうか。
アクリルケースをオーダーメイドすると、その店舗オリジナルのテラリウムができます。
テラリウムで世界観をつくってみてください。


一覧に戻る»