HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > アクリルディスプレイでカメラが思わず手に取りたくなる展示を

アクリルディスプレイでカメラが思わず手に取りたくなる展示を

手に取りやすいディスプレイ方法

手に取りやすいディスプレイ方法
カメラを店舗販売する際は、お客さんが手に取りやすいようにディスプレイすることが大切です。
また、手に取った後は元の場所に戻しやすいディスプレイにすることで、常に最適な展示を維持することができます。
カメラを店舗で展示する際は、手に取りやすく、元に戻しやすいディスプレイ方法にこだわってみてはいかがでしょうか。
通常、カメラをディスプレイする場合、ディスプレイケースに入れた状態で展示しますが、ケースの中に入っていると、お客さんは店員さんに声をかけなければ手に取ることができません。
手に取る行動を促すには、浮かせてディスプレイするのがポイントです。
ディスプレイスタンドにマグネットを貼ると、カメラが浮いた状態で展示されます。
マグネットは自然に元の位置に戻るため、お客さんが手に取って戻したあとも、常に最適な位置でディスプレイすることができるのです。

アクリルディスプレイで高級感を与えよう

アクリルディスプレイで高級感を与えよう
マグネットだけでなく、ディスプレイスタンドにもこだわる必要があります。
ディスプレイスタンドにも様々な種類がありますが、おすすめはアクリル製のディスプレイスタンドです。
カメラは携帯性に優れており、持ち歩きやすいタイプのものや、普段使いに最適なカメラ、金属ボディーなど高価なパーツを使ったカメラなど、様々なタイプがあります。
どの種類も店舗で展示する際は、高級感が大切です。
高価なものでも高級感が伝わらないと、お客さんは手に取ってくれないでしょう。
反対に、低価格なカメラなど、カメラ自体に高級感がなくても、ディスプレイの仕方次第で高級なイメージを与えることができ、お客さんが手に取ってくれるようになるかもしれません。
アクリルの良さは、耐衝撃性に優れており、透明度が非常に高いことです。
透明度の高いディスプレイスタンドを使用すると、高級感を演出することができます。
カメラ用のディスプレイだけでなく、他の商品もアクリル製のディスプレイを使用すると店舗全体の高級感を高め、見栄えがよくなるでしょう。
エムプラチックではカメラ用のアクリルディスプレイを製作することが可能です。
アクリル製のディスプレイスタンドで手に取ってもらいやすい展示をしてみてはいかがでしょうか。


一覧に戻る»