HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > アクリルのペンケースをノベルティに利用する

アクリルのペンケースをノベルティに利用する

ノベルティとしてペンケースを作ろう

ノベルティとしてペンケースを作ろう
ノベルティの制作を検討している企業もあるのではないでしょうか。
ノベルティ制作のポイントは、実用的なものを選ぶことです。
実用的なものは様々ありますが、特にペンケースは人気があります。
入学や卒業記念のノベルティにお勧めです。
ペンケースに名入れをすると、こだわりの記念品に仕上がるでしょう。
学校名や企業名を名入れすると、おしゃれなオリジナルノベルティになるはずです。
ノベルティとしてペンケースを作成する時は、アクリル素材を使用してみてはいかがでしょうか。
アクリル素材は、店舗のディスプレイケースなどに使用されることが多いですが、加工がしやすいといったメリットを活かして、ペンペースも作成することができるのです。
名入れも印刷ではなく、彫刻することもできるでしょう。

アクリルの特徴を活かしたペンケース

アクリルの特徴を活かしたペンケース
ノベルティとして制作するだけでなく、実店舗でペンを販売する場合のディスプレイケースとしても活躍するでしょう。
アクリルは、透明度があり高級感を演出することができます。
ガラスも透明感がありますが、ペンケースには適していません。
ガラスは重量もあり、落としてしまうと割れてしまいます。
アクリルは非常に軽く、落としても割れる危険性がないため、ペンケースに適しているのです。
アクリルの透明な素材感を活かした中身が見えるペンケースは、デザインにもこだわることができます。
アクリルの中にはガラスの色をしたものや、カラーエッジというガラスの質感を持った色がついているアクリルがあります。
ピンクやブルー、蛍光色など多彩です。
ガラスのような透明なアクリルと、色のあるアクリルを接着してオリジナルのペンケースを作ることができます。
企業カラーを用いたペンケースを作成してノベルティで配布すると、より高いPR効果が期待できます。
ペンケースのノベルティやペンのディスプレイとしてアクリル素材を活用してみてはいかがでしょうか。
オリジナル感を出したい場合は、オーダーメイドがお勧めです。
企業や店舗ブランドのコンセプトやイメージにぴったりなものを制作してみてください。


一覧に戻る»