HOME > アクリルについての役立ち情報 > アクリルディスプレイの可能性 > 文房具をアクリルディスプレイで手に取りやすくしよう

文房具をアクリルディスプレイで手に取りやすくしよう

文房具の色やデザインを比較できる透明の価値

文房具の色やデザインを比較できる透明の価値
アクリルは、加工のしやすさがポイントで、さまざまなデザインのものを作り出せます。
無色透明にすることによって、ディスプレイとして中身を見せられるようにするだけではなく、商品数の多さをイメージさせることもできるでしょう。
文房具のディスプレイを考える場合にも、さまざまな陳列方法を取ることができ、手に取りやすくすることが可能です。
鉛筆など、種類が豊富なものは、ディスプレイを考えるうえで、さまざまなネックが存在します。
種類が多く比較してもらうことが一番であっても、なかなか効率的に陳列ができません。
手に取ってもらうことが比較の第一歩になることからも、アクリルの間仕切りを使っていくことで、色やデザイン違いなども感じさせることができるようになるでしょう。
美しくカラフルな商品ラインナップというところでは、文房具の中でもシャープペンやボールペンがあります。
すべて同じ方向にそろえてディスプレイができるため、収まりが良くなるでしょう。
透明で中がわかるため、薄いアクリル板を1枚挟むだけで正面を向けられ、それぞれの色やデザインを比較できることで思わず手に取ってみたくなるほど訴求効果もアップできます。

高級感を前面に出すために

高級感を前面に出すために
アクリルは、無色透明で作れることから、空間演出も容易にできます。
文房具はデザイン性が高くなってきていることから、空間に奥行きを感じさせるようなディスプレイも可能です。
どうしても前面に出したくなってくるのが、商品のディスプレイではありますが、透明な素材を使っていくことによって、もっと幅の広いディスプレイができるようになるでしょう。
手に取りやすくすることによって、多くの文房具の訴求にも役立っていきます。
手に取りやすくできる反面で、見えるけど手が届かない締められるケース型にすれば、高級感の演出も可能となります。
ガラス什器に入れるほどではないけれど、差別化を図りたい文房具には、もってこいの演出となるでしょう。


一覧に戻る»