HOME > アクリルについての役立ち情報 > 巷にあふれるアクリルの世界

巷にあふれるアクリルの世界

私たちの生活を見直してみると、
アクリルで出来ているものはたくさんあります。
アクリルの絵の具や、アクリルのカーディガン、アクリル食器やアクリルディスプレイなど。
ガラスを凌ぐ透明度 光線透過率はガラスを凌ぐ93%(ガラスは92%)と言われています。
その特性を活かして、多くの水族館の水槽などにも使用されています。
重厚な質感からプラスチックの女王と呼ばれています。
優れた加工性、切断、穴あけ、曲げなど加工の自由度が非常に高い素材で、
接着剤による貼り合わせ加工も可能です。
とにかく万能のアクリルについて、こちらのページでは、今まで知らなかった
歴史と変遷・性質・種類・工程・用途などを詳しくご紹介致します。

アクリルディスプレイで美術館の震災対策

商品を陳列する際に様々な形で利用されているのが「アクリルディスプレイ」です。ここでは多くの店舗で利用されているこのアイテムについて、歴史や概要などから紹介していきます。

・・・つづきはこちら

アクリルディスプレイで水槽の震災対策

アクリル製の什器には他の素材の什器に勝る多くの魅力を持っています。各種のお店のディスプレイにも使用できます。販売している商品の魅力をより引き立たせることができます。

・・・つづきはこちら

楽器の震災対策はアクリルディスプレイがおすすめ

はじめてドイツでつくられたプラスチックの成分やそれが発見されるまでの概要、素材となっていったものたちを世界中での、第二次大戦前から現在までの産業の歴史とともにまとめました。

・・・つづきはこちら

地震に備えて額縁をアクリルに

私たちが普段使用しているプラスチック材は樹脂とも呼ばれ、様々な種類があります。材料の種類とそれぞれの樹脂製品がどのような製品の材料として使われているのかを知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

アクリルディスプレイで美術館の震災対策

アクリルが様々な用途に利用されている大きな理由は、多くの優れた特性を持っているからです。透明性が高いことや光の屈折率が高いこと、加工しやすいことなどが特性の主な概要です。

・・・つづきはこちら

アクリルディスプレイで水槽の震災対策

植物が分泌する個体状もしくは半個体状の物質で揮発性がないものというのが樹脂の特性です。独特の性質を持っていることから、古くから様々な用途に利用されてきた歴史があります。

・・・つづきはこちら

アクリルディスプレイで美術館の震災対策

環境保護が重要な今、リサイクルができて、活用場面が多いアクリルは注目されています。ごみの軽減、資源の有効利用になり、丈夫で軽くて使える幅が広いのでディスプレイに最適です。

・・・つづきはこちら

アクリルディスプレイで水槽の震災対策

アクリル製のディスプレイは多くの長所を持っているため、様々な使い方ができます。使い終わったものや不要になったものはリサイクルもできるので、環境にも優しい素材です。

・・・つづきはこちら

アクリルディスプレイで美術館の震災対策

店頭ディスプレイや看板などとして使用した後のアクリル什器を、専門技術でリサイクルして活用することができます。環境にもやさしく物を無駄にせず再利用することができるのです。

・・・つづきはこちら

アクリルディスプレイで水槽の震災対策

アクリルは樹脂から熱加工されて、さまざまな形になります。その工程で目的に合わせることもできますが、さらに目的に合わせた状態にもできます。使う場面に合わせて形成できるのが魅力です。

・・・つづきはこちら

アクリルディスプレイで美術館の震災対策

アクリルディスプレイは多くの用途に利用できるので、人気のある製品です。最近では多くの人の注目を集めるようになったために、性能についてメーカーに寄せられる質問も多岐にわたっています。

・・・つづきはこちら

アクリルディスプレイで水槽の震災対策

アクリルディスプレイは店頭などさまざまなところで日常的に目にするものです。伝統的な真空加工から最深のレーザー加工まで色々な成形技術を駆使して作られているのです。

・・・つづきはこちら